会場レポート

会場レポート

選手たちが闘志を燃やす! 前夜祭レポート

 16人の選ばれし戦士たちが今、ラスベガスの地に集う!

 大会前々日となる23日夜(現地時間)に、対戦組み合わせを決める抽選会が行われ、世界中のトッププレイヤーたちが顔を合わせた。そのイベントの模様を、写真によるレポートでお届けしていこう。

エンターテイメントの聖地・ラスベガス

 世界大会である「DRAGON BALL LEGENDS SHOWDOWN IN LAS VEGAS」が開催されるのは、アメリカ・ラスベガス。カジノのイメージが強い街だが、それ以外にもショッピングやグルメ、サーカスやショーが昼夜を問わず楽しめる一大リゾート地だ。

 街全体がテーマパークのようになっており、ニューヨーク・パリ・ヴェネツィアなどをモチーフにした巨大なホテルが立ち並ぶ大通りを歩くと、世界一周旅行をしているかのよう。

 今大会の会場「HyperX Esports Arena Las Vegas」があるのは、「Luxor(ルクソール)」という古代エジプトがテーマのホテルだ。
 外観は超巨大な黒いピラミッドで、HyperX Esports Arenaのロゴが描かれている。

 夜になると、ピラミッドのてっぺんから天に向かってレーザービームが放たれる!

 古代エジプト風のゴージャスな装飾が施されたホテル内には、広大なカジノやフードコート、博物館、ショーホールなどがある。
 ピラミッド内の天井は吹き抜けで、光るオベリスクがそびえ立っている。

オープニングセレモニー

 23日夕刻、「HyperX Esports Arena Las Vegas」入口ステージにて、オープニングセレモニーがスタート。

 まずは「ドラゴンボール レジェンズ」の池田慶悟プロデューサーから、「初の世界大会にとてもワクワクしています」という内容の挨拶があった。

 続いて、選手自らがボールを引き、出た番号で対戦の組み合わせが決まる。

 名前入りの特製スタジアムジャンバーを着て、1人ずつ”世界トップ16の選手”の姿になっていく。

 自分の相手はいったい誰になるのかと、緊張した面持ちで脇から見守る選手たち。

 初戦の対戦相手と記念撮影。池田プロデューサーからは「皆さん、最初にぶっ倒す相手の顔は覚えましたか?」

 その後、「Hyperx Esports Arena Las Vegas」内でレセプションが行われた。

 談笑するプレイヤーたちの間からは、さまざまな言語が聞こえてくる。話す言葉は違えど、同じ「ドラゴンボール レジェンズ」を愛する仲間たちなのだ。

 たっぷり食事をとり、大会での勝利を願って乾杯。
 いよいよ25日(現地時間)に迫った本番を前に、今宵ひとときは英気を養う選手たち。

 準備中の対戦ステージが静かに選手を待っている。

 当日は日本語英語による生中継もあるので、バトルのスタートをぜひ楽しみにしてほしい!

記事一覧に戻る