メタゲーム紹介

メタゲーム紹介

モノイエロー

パーティ全体構成

  • ピッコロ (YEL)
  • ピッコロ大魔王 (YEL)
  • パイクーハン (YEL)
  • サイバイマン (YEL)
  • パーフェクトセル (YEL)
  • ゴジータ (BLU)

YEL属性のキャラクターはZアビリティを意識した構成にすると、防御面では非常に硬くなる一方、攻撃の面では不安が残るパーティとなる。そのため、Zアビリティ効果を意識しつつも、「パーフェクトセル」を軸とした隠れ「再生」パーティとして展開。
そのうえで、YEL属性の体力値上げのキャラを入れ、タフなパーティ構成としたい。

バトルに出すキャラの説明

  • パーフェクトセル (YEL)
  • ピッコロ (YEL)
  • ゴジータ (BLU)

「ピッコロ」の選出により、カバーチェンジ、回復など3人でのバトル進行をしやすく。不利属性が出てきても強力なアタッカー「ゴジータ」で対抗していきたい。ただし、バトルメンバーによる連携の組み合わせがないのは難点。

バトル戦術プラン

序盤から「パーフェクトセル」の圧倒的な攻撃力を見せつけたい。「ピッコロ」により効果量があがっている自動回復、「ピッコロ」のメインアビリティでもある全体回復も含め、ある程度場に出続けてバトルしてよい。中盤以降は敵のライジングラッシュが来そうなタイミングを掴んでおきたい。「パーフェクトセル」のカバー:救出による回避ができれば大きい。ライジングラッシュ以外でもバトルメンバーが倒されそうな際は、このカバー:救出による回避を心がけたい。「ピッコロ」である程度粘ることができれば、「パーフェクトセル」、「ゴジータ」のアタッカー二人で終盤以降は猛攻したい。

有利パーティ

シネマサーガ
モノパープル
ある程度均等にバトルを進めることができれば、耐久のある本パーティの方が有利に勝負を運ぶことができる。

不利パーティ

ハイブリッド
「超サイヤ人2孫悟飯」が赤属性かつ、モノイエローに多い「再生」に対しての耐久があるため、厳しい闘いを強いられる。

記事一覧に戻る