メタゲーム紹介

メタゲーム紹介

リネージュエビル

パーティ全体構成

  • 最終形態クウラ (BLU)
  • チルド (PUR)
  • クウラ (GRN)
  • 最終形態フリーザ (YEL)
  • クウラ (BLU)
  • メタルクウラ (RED)

Zアビリティとしてすべてのキャラクターに相関性のある構成にはなっていないが、劇場版キャラクター要素も兼ねているため、組み合わせとしては悪くない。「メタルクウラ」の登場により、防御面も強化されたが、「最終形態クウラ」を軸にした火力がメインのパーティと言える。

バトルに出すキャラの説明

  • 最終形態クウラ (BLU)
  • チルド (PUR)
  • メタルクウラ (RED)

最終形態クウラの火力を最大限活かすバトルメンバー。「最終形態クウラ」「チルド」に関しては、悪の系譜メンバに対するバフをかけれる効果を複数持つため、バトルメンバー同士で強化しあい、バトルを進めることができる。「チルド」の選出には麻痺効果が付与された打撃アーツカードを所持している点も大きく、打撃特化の「最終形態クウラ」を更なる脅威として場に出すことができる。

バトル戦術プラン

序盤は場に出てても、控えに出ても効果を発揮する「最終形態クウラ」の選出を優先したい。ある程度「最終形態クウラ」で押し切れるところまで戦うのが序盤のセオリー。ただし、序盤で倒されることは避けたいのでキャラクター交代でダメージはゲージ半ばぐらいまでで留めておきたい。中盤はチルドのメインアビリティ発動と倒されるタイミングが肝。ある程度倒される覚悟での選出となるが、悪の系譜に強力なバフがかかるメイアビリティの発動だけは確実に決めていきたい。終盤は「メタルクウラ」による回復と相手へのデバフで場を持たせ、再度「最終形態クウラ」の出番。味方メンバーから得たバフ・相手へのデバフで、射撃アーマー付き麻痺打撃で相手をとことん倒していく。

有利パーティ

モノレッド
主戦メンバーに不利属性がなく、有利属性の「最終形態クウラ」の火力で一気に倒すことができる。

不利パーティ

フューチャー
後半の耐久性に難点があるため、後半に強さを誇るフューチャーパーティには不利。

記事一覧に戻る