カバレージ

カバレージ

LOSERS FINAL:CHICKEN319 VS MASAKATSU

 ラスベガスに集まった16人の戦士も、今や3選手。一人はGRAND FINALで対戦相手を待つ、日本のMILCOOL。

 そしてその相手が、今まさに決まろうとしていた。

 WINNERS FINALで惜敗を喫したCHICKEN319にとって、MILCOOLとの再戦を願う気持ちは強いだろう。とても良いゲームを繰り広げ、MILCOOLに「強い」と言わしめたCHICKEN319は、敗北時には悔しさを滲ませて、必勝を誓った。
 
 だが、CHICKEN319がGRAND FINALでの再戦を熱望しているのと同じぐらい、この戦いを望んでいた者がいる。そう、WINNERS SEMIFINALSでCHICKEN319に敗北したMASAKATSUだ。
 一度敗北の苦みを味わったMASAKATSUは、LOSERS ROUNDではICHIZOKU、WALLACEを打ち破り、CHICKEN319の元までついに辿り着いた。

 LOSERS FINAL。
 今、二人の日本人選手による熱き戦いの火ぶたが切って落とされた。

GAME 1

CHICKEN319使用パーティ・バトルメンバー

MASAKATSU使用パーティ・バトルメンバー

 試合開始早々、両者の拳がぶつかり合う。
必殺アーツ同士が交わり、ドカバキインパクトが発生。947で勝利したのはMASAKATSU。だが、この後に放った必殺アーツはCHICKEN319が避け、反撃によって麻痺を与える。

 そしてこの麻痺が思わぬ方向に勝負を動かす。MASAKATSUの悟飯(BLU)が麻痺で動けなくなったことを見たCHIKEN319が悟天で必殺アーツを撃ち込むがしかし、一瞬早く麻痺が解けたMASAKATSUはこれを回避。
 更に悟天にチェンジして反撃してコンボを繋げていき、CHICKEN319の悟天にダメージを与えていく。

 激しい攻防は続く。
 MASAKATSUが打撃アーツを使用した瞬間、CHICKEN319は即座に射撃アーツで反撃し、これがヒット。次々とコンボを重ねて体力を削ると、究極アーツを放つ。

 ここにはしっかりと悟飯(BLU)で対応するMASAKATSU。カバーチェンジでダメージを食い止め、なんとか体力を半分保つ。
 続けてライジングラッシュを放つCHICKEN319だが、ここは回避されてしまう。

CHICKEN319

 試合を大きく動かしたのはMASAKATSU。悟飯(RED)の動きを止めて、CHICKEN319の様子をうかがう。そして打撃アーツを繰り出したところを見て、その上からライジングラッシュ!
 この好プレイでCHICKEN319の悟飯(RED)はライジングK.O.!一気にゲームが傾く。

 MASAKATSUの悟天が究極アーツで悟飯(BLU)にダメージを蓄積させていき、反対にCHICKEN319が必殺アーツを放つと、これを華麗に回避。
 返す刀で悟飯(BLU)が究極アーツを打ち、CHICKEN319の悟天は戦闘不能に。

 一瞬で状況は3対1に。

 残された悟飯(BLU)で回復を駆使しながら懸命に戦うCHICKEN319だったが、溜まったライジングラッシュを打ち込む機をMASAKATSUが許すことはなく。
 LOSERS FINALで見事に先勝してみせた。

CHICKEN319 0-1 MASAKATSU

GAME 2

CHICKEN319使用パーティ・バトルメンバー

MASAKATSU使用パーティ・バトルメンバー

 序盤に攻撃を重ねていくのはMASAKATSU。あっという間にドラゴンボールを貯めていき、すぐにライジングラッシュまでリーチの状態を作る。

 ライジングラッシュを狙うMASAKATSUは隙をうかがうのだが、CHICKEN319もそれを理解しており、慎重に距離を取る。
 そしてMASAKATSUが近づいてきたところで、射撃アーツで応戦。このままコンボが繋がると、MASAKATSUの悟天の体力は一気に半減。

 だが、MASAKATSUのプレイも鋭い。回避を読んで射撃アーツを当てると、コンボを繋げつつ、最後は悟飯(BLU)に交代して攻撃!ここで交代を選ぶこともできたCHICKEN319だったが、ライジングラッシュによって体力の多いキャラを失うことを嫌い、結局悟天を犠牲にすることを選ぶ。

 瞬時に良い判断を下したCHICKEN319だったが、数の面で不利な状態。なんとかMASAKATSUのキャラを戦闘不能にしたいところ。
 しかし、次の一撃を放ったのもMASAKATSUだった。
 悟飯(RED)の射撃を避けて一気に距離を詰めると、悟飯(BLU)のライジングラッシュを浴びせる!これによって一気に3対1となり、勝負の天秤は一気にMASAKATSUに傾く。

 CHICKEN319、万事休す。
 だがこのまま終わるわけにはいかない。決勝では、一度敗北したMILCOOLが待っている。残りの戦いに勝利すると誓った。
 負けるわけにはいかないのだ。

 その想いが突き動かすかのように、見事に悟飯(BLU)だけで奮闘するCHICKEN319。
 攻撃をほとんど喰らうことなくMASAKATSUの悟飯(RED)の体力を危険水位まで落とすが、MASAKATSUは悟飯(BLU)にチェンジさせ、更なる攻撃に備える。

MASAKATSU

 しかし、MASAKATSUは最後まで完璧だった。
 CHICKEN319の悟飯(BLU)の攻撃を回避した後、次の回避だけをなぜか一瞬遅らせたMASAKATSU。このタイミングずらしによって反撃し、CHICKEN319の逆転の芽を確実に潰したのだった。

 最後は必殺アーツ同士のドカバキインパクトで勝利し、MASAKATSUがGRAND FINAL進出を決めた。

CHICKEN319 0-2 MASAKATSU

MASAKATSU Win!

CHICKEN319「悔しいですけど、MASAKATSUさんが強かったんで、しかたないです。特に後悔はないです。この大舞台で戦えたってだけでも楽しかったです」

MASAKATSU「最初に戦ったときよりも、回避読みとかもうまくできて、自分の攻撃がよく入ったんで、そこが勝敗を分けたと思います。基礎的ではありますけど、難しい技術でもあるので、自分の全力をしっかり出し切れたと思います」

 互いに全力を出した試合。見る者すべてがその技に魅了されただろう。
 
MASAKATSU「次の決勝戦については、MILCOOL選手はもともと知り合いでどんなプレイヤーかもわかっているんですけど、本当に強い相手なんで、自分が持っている知識と技術、すべて駆使して立ち向かうしかないですね。悔いのないように戦ってきます!」

 MASAKATSUは、最強の男MILCOOLが待つGRAND FINALへ進む。

記事一覧に戻る