カバレージ

カバレージ

LOSERS ROUND 4 MATCH 2:NA-KAEL-08 VS WALLACE

 LOSERS ROUND 4、続いてのMATCHはフランスのNA-KAEL-08と台湾のWALLACE。
 国は違えど、二人には今、少なくとも共通の思いが二つある。

 一つは今大会のチャンピオンとなる、ということだ。ラスベガスに来ることを決めたその日から、想いはずっと変わっていないだろう。
 そしてもう一つ。それは事前のインタビューで二人が同時に口にしていた言葉だ。

「リベンジ」

 NA-KAEL-08がリベンジを果たしたい相手は、だ。WINNERS SEMIFINALSで敗北を喫した、MILCOOLだ。ちなみにMILCOOLは、この戦いを前に既にGRAND FINAL進出を決定させている。リベンジを果たすため、まずはGRAND FINALまでNA-KAEL-08は辿り着く必要がある。

 一方、WALLACEがリベンジを果たしたいのは、WINNERS TOP8で対戦したMASAKATSUだ。MASAKATSUに敗北してからのWALLACEは、覚醒したと言って遜色がないほど、神懸かったプレイを連発し、LOSERSをあっという間に駆け上がってきた。そのMASAKATSUはなんと、LOSERS SEMIFINALで今待っている。

 リベンジを果たすため、二人の戦士が今戦いの舞台に降り立った。

GAME 1

NA-KAEL-08使用パーティ・バトルメンバー

WALLACE使用パーティ・バトルメンバー

 フューチャー/ハイブリッドタイプのNA-KAEL-08とガールズ/リジェネレーションズタイプのWALLACE。相性はややWALLACEに有利となっているが、果たして。

 先に勝負を仕掛けたのはNA-KAEL-08。WALLACEのリブリアンが距離を取ったところでマイの必殺アーツを放つ。もちろんWALLACEはこれを回避するのだが、狙い通り。
 この必殺は囮!マイのライジングラッシュをNA-KAEL-08は解き放つ。
 
 が、これをWALLACEは読み切っていた。フラッシュバンを放つとライジングラッシュを見事打ち消す。
 序盤から激しい読みの攻防。

 ゲームが動いたのは、WALLACEのザマスが悟飯(YEL)にダメージを与えた瞬間だった。WALLACEが回避読みを連続で成功させて、見る見る内に悟飯(YEL)の体力が減っていく。そしてこの状況でNA-KAEL-08はあえてチェンジしない。ここで悟飯(YEL)を戦闘不能にさせ、後続を強化する作戦に出たのだ。
 それを理解しているWALLACEだが、このままK.O.まで追い込む。

WALLACE

 更にWALLACEはここで出てきたマイに対し、リブリアンでライジングラッシュ!これが決まってしまえば、強化されているとはいえ大幅な数的不利となるNA-KAEL-08。
 運命のアーツ選択は…的中!

 ここから反撃していきたいNA-KAEL-08。ライジングラッシュは発動できる状態にはなったのだがしかし、WALLACEの攻勢が止まない。
 リブリアンの必殺アーツで悟飯(RED)の体力が削られ、たまらず交代したマイも、一瞬のミスが命取りとなり、一気にK.O.とされてしまう。

 NA-KAEL-08も懸命に悟飯(RED)で攻撃を続けるが、1対3の不利は覆ることはなく、
 まずはリベンジに向けて、WALLACEが大きな一歩を踏み出した。

NA-KAEL-08 0-1 WALLACE

GAME 2

NA-KAEL-08使用パーティ・バトルメンバー

WALLACE使用パーティ・バトルメンバー

 先のゲームと同じくガールズ/リジェネレーションズタイプのWALLACEに対し、ファミリータイプで戦うことを決めたNA-KAEL-08。
 WALLACEのセルを警戒して悟飯(RED)を選出したNA-KAEL-08だが、対戦が始まるとセルの姿はなく。この選択が裏目と出てしまうが、ゲームへの影響やいかに。

 序盤からコンボを繋げていくのはWALLACE。マイ一人だけでドラゴンボールを貯め切ると、ライジングラッシュの機会をうかがう。

 そのWALLACEのライジングラッシュは悟空に放つこととなった。悟空は戦闘不能時にバトルメンバーを強化してしまうため、WALLACEとしても悩んだ選択だっただろう。だがこれで残りキャラ数で優位には立つ。

 有利な状況で攻めるのではなく守りに入ったWALLACE。マイの回復を使いながら様子を見て、一方のNA-KAEL-08も不利な状況からの反撃をうかがう。

NA-KAEL-08

 膠着状態を壊したのはWALLACE。悟飯(RED)にメインアビリティを使用して交代を禁止し、打撃でコンボを重ねて究極アーツ!一気にK.O.とし、これでNA-KAEL-08は悟飯(BLU)を残すのみ。

 ここで諦めるNA-KAEL-08ではない。WALLACEが交代できず、バニシングゲージもないことを理解しているため、果敢に攻撃を繰り出し続ける。
 そして逆転に向けてリブリアンにライジングラッシュを放つ!だが同時にWALLACEもライジングラッシュを使用しており、ここでドカバキインパクト!
 後のないNA-KAEL-08は962点と高い値を叩き出すが、なんとWALLACEは999!!!

 NA-KAEL-08の抵抗は、ここまでだった。

NA-KAEL-08 0-2 WALLACE

WALLACE Win!

NA-KAEL-08「結果は残念ですが、戦い自体は楽しかったです。今日1日、全体的に疲れましたがたくさんの新しい人と知り合うことができて素晴らしかった」

 最高の舞台で最高に楽しんだNA-KAEL-08。それはリベンジできない悔しさにも勝っているに違いない。

WALLACE「勝てたので、よかったです。次の試合も勝ちたいです」

 リベンジの機会を得たWALLACE。MASAKATSUの待つ、LOSERS SEMIFINALSへ。

記事一覧に戻る