カバレージ

カバレージ

LOSERS ROUND 3 MATCH 1:SMG VS ICHIZOKU

 LOSERS ROUND3に現れたのは、アメリカのSMGとフランスのICHIZOKUだ。
 ここで勝利すれば、そろそろ本当に見えてくる、LOSERS FINALS。そしてその先にあるGRAND FINALS。そして最強の称号。

 その道は本当に長く険しい。なぜなら勝利するたびにどんどん相手が強くなるのがトーナメントの常。
 いや、そんなことを言っても仕方がない。なぜなら彼らには、相手がどれだけ強かろうが関係ない。

 自らが最強だと。それを証明するためにラスベガスに来ているのだから。

GAME 1

SMG使用パーティ・バトルメンバー

ICHIZOKU使用パーティ・バトルメンバー

 SMG率いるファミリータイプの悟天、悟空がコンボから必殺技を繋げる立ち上がり。
 だが間隙を突いて反撃に出たICHIZOKUは、グレートサイヤマン2号でまずメインアビリティを使用し、続けてライジングラッシュ!
 しかしこの攻撃はきちんと避けているSMG。

 次の仕掛けはSMGから。悟空で単発からライジングラッシュ!これが決まれば一気に数的有利を取れるのだがしかし、ICHIZOKUはキャラチェンジ回避を決めて見事にこれを避ける。
 
 お互いにライジングラッシュを避けられ、状況はほぼ互角。さすがLOSERS ROUND3、拮抗した展開が続く。

 試合が動いたのはドカバキインパクトでグレートサイヤマン2号が勝利した瞬間だった。畳みかけるようにICHIZOKUはコンボを命中させていき、悟飯の体力を一気に減らしにかかるのだが、マイにチェンジしたタイミングでSMGも悟天にチェンジ!
 そしてマイの必殺を悟天が避ける!

 この隙をSMGは見逃さなかった。凄まじい連続射撃をマイに当てていく。リブリアンが交代できない今しかこのチャンスは存在しない!すべての射撃により、ICHIZOKUのマイがK.O.に。

SMG

 ICHIZOKUも諦めない。悟天の前に送り出したのはリブリアン。メインアビリティで交代を縛ると、打撃コンボで瞬時にK.O.にしてみせた。

 勝負の行方はまったくわからない。

 次に動いたのはSMG。悟飯で打撃から射撃アーツを繋げ、必殺アーツを放ってグレートサイヤマン2号をK.O.。
 が、ICHIZOKUは既にその状況を予想していた。リブリアンを繰り出すと即座にライジングラッシュ。回避行動を起こせない悟飯はこれにてK.O.。

 互いの戦力が少しずつ削れる、まさしく死闘。

 そして死闘を終わらせたのは、SMGだった。
 悟空の放ったライジングラッシュがリブリアンの体力を削り取り、ようやくSMGはこのゲームの勝者となったのだった。

SMG 1-0 ICHIZOKU

GAME 2

SMG使用パーティ・バトルメンバー

ICHIZOKU使用パーティ・バトルメンバー

 序盤から激しい攻防が繰り広げられるGAME 2。
 リブリアンが回避読みから攻撃を当てていくが、キャラチェンジ回避でコンボを避けたことで、SMGが反撃していく。
 リブリアンの体力が半分に差し掛かろうというところで、グレートサイヤマン2号に交代し、戦況をいったん落ち着かせる。

 試合が動いたのは中盤。悟天に対してグレートサイヤマン2号で射撃をかぶせると、ここを好機とみてICHIZOKUはリブリアンへ交代し、ライジングラッシュ!
 この一撃で悟天をK.O.し、まずは大幅にICHIZOKUがリードする。

 SMGも悟飯で攻める。リブリアンのダメージを蓄積させた後、たまらずICHIZOKUがマイを繰り出したところで、まるでそれを狙っていたかのようなライジングラッシュ!
 しかしこのアーツ選択をICHIZOKUは的中させる!

ICHIZOKU

 この撃墜チャンスを失ったのは、SMGにとってあまりに大きすぎた。

 数で上回っているICHIZOKUは的確にキャラクターをチェンジしながら、悟空にダメージを与えていく。最後はグレートサイヤマン2号で悟飯をK.O.。

 そして残った悟飯に対してはライジングラッシュを使うことなく、安全に打撃を重ねていく。
 ライジングラッシュ失敗時の反撃による総崩れをICHIZOKUは嫌ったのだ。勝負の行方を天命に委ねない。自分の実力を確信しているからこそ、確実な方法を選ぶのだ。

 最後まで安全に立ち回るICHIZOKUは必殺アーツでとどめを刺して、これで星をタイに戻した。

SMG 1-1 ICHIZOKU

GAME 3

SMG使用パーティ・バトルメンバー

ICHIZOKU使用パーティ・バトルメンバー

  序盤から激しい攻めを繰り出すのはガールズタイプ率いるICHIZOKU。凄まじい勢いでアーツを消化していき、次々とダメージを重ねる。
 ほぼ無傷のICHIZOKUのバトルメンバーに対し、既にSMGの悟天と悟空は体力を半分近くまで失っている状態だ。

 そして一気にICHIZOKUはゲームの主導権を握りにかかる。
 体力の減った悟空に対して惜しみなく必殺アーツを使用し、一気に落としにかかるICHIZOKU!カバーチェンジされないよう、打撃・射撃アーツを交えることなく、必殺アーツを放ったのだ。

 しかもここまでライジングラッシュの温存にも成功している。

 そして直後に出てきた悟天に、ライジングラッシュを放つ!
 アーツ選択に失敗したSMGは一気にバトルメンバーを2体失い、残すは悟飯のみ。

 既に勝負あったか、と思われたが、SMGの目はまだ死んでいなかった。

 そう、SMGはWINNERS TOP8の試合で、奇跡的な体力1での大逆転勝利を見せた男だ。
 誰もが負けを確信した場面から、たった一体のキャラで逆転して見せたのだ。
 その瞬間、SMGが覚醒する。

 まず悟飯のライジングラッシュでマイをライジングK.O.に切って取ると、出てきたリブリアンにコンボを繋げていく。
 更にリブリアンと入れ替わってグレートサイヤマン2号が出てくるが、ここには究極アーツを使わずに攻撃を仕掛けていく。この究極アーツがなければリブリアンを倒せないからだ。しっかりと勝利までの道筋を描いている。

 しかし、SMGの抵抗はここまでだった。
 
 リブリアンの究極アーツを受けた悟飯は麻痺になってしまい、頼みの綱の究極アーツも必殺アーツで返されてしまう。

 最早万策尽き果てた悟飯。最後は気弾によって体力をすべて削り取られてしまったのだった。

SMG 1-2 ICHIZOKU

ICHIZOKU Win!

SMG「前の試合よりも実力を発揮できませんでした」

 無念のSMG。しかし、この試合もたくさんの見せ場を作り、逆転劇を予感させてくれた。

ICHIZOKU「楽しかったです。最初はお互いにライジングラッシュを回避するというサスペンスがあったんですが、2、3ゲーム目では自分がけっこううまくプレイできたので、嬉しく思います」

 真剣勝負を目一杯楽しんだICHIZOKU。LOSERS ROUND 4へ。

記事一覧に戻る