カバレージ

カバレージ

LOSERS ROUND 3 MATCH 2 :DIEGO VS WALLACE

 LOSERS ROUND3。
 アメリカのDIEGOと台湾のWALLACEが、GRAND FINALSを目指して拳を交える。
 いずれもWINNERS TOP8で敗れ、LOSERSを勝ち上がってきている両者。

「1敗も許されない」
 そんな緊張感のある中での試合も、今の二人には問題にならないだろう。
 
 WALLACEはLOSERS ROUND2の最後に、すっかり緊張が解けたと口にしており、それを感じさせる素晴らしいプレイを連発していた。
 一方のDIEGOも、先ほどのROUNDで友人と対戦したことで、リラックスができているように思える。

 この戦いで更に強くなった二人の戦いを、とくとご覧あれ。

GAME 1

DIEGO使用パーティ・バトルメンバー

WALLACE使用パーティ・バトルメンバー

 WALLACEがガールズ/リジェネレーションズタイプ、DIEGOがリジェネレーションズタイプという戦い。圧倒的にWALLACEに分がある言えるほどの相性差。DIEGOはこれを覆すことができるのだろうか?

 ゲームを動かしたのはWALLACE。DIEGOがスラッグに交代したのを見ると、大ダメージを与えられるセルにこちらも交代し、単発止めからライジングラッシュを決める!
 リジェネレーションズのメインを担うスラッグを早くも落としたことにより、WALLACE優位でゲームが進んでいく。

 WALLACEは事前に話していた通り、本当に絶好調のようだ。交代を駆使しながらすべての攻撃を回避し、なんと開始してまだノーダメージ。的確な反撃を食らわせていき、リジェネレーションズで最も厄介なザマスの体力を削り取っていく。

WALLACE

 DIEGOも攻める。コンボを繋げてWALLACEのキャラたちの体力に負担を掛けていくがしかし、途切れた瞬間をWALLACEは見逃さない。
 残り体力のわずかなザマスにマイで一撃を入れ、踏ん張りを使わせた上で、セルで回避読みを駆使してとどめを刺す。
 この回避読みは上級プレイヤー同士ならではの読み合いとなった。何も考えずにDIEGOがライジングラッシュを放っていた場合、WALLACEは避けることができなかっただろう。
 しかしDIEGOがキチンと回避行動をとってくるだろうと一点読みしていたからこそ、セルの攻撃はヒットしたのだ。

 戦況はというと、ノーダメージのWALLACEのバトルメンバーに対し、DIEGOはセルのみ。
 最後は決死のライジングラッシュをキャラチェンジで躱すと、WALLACEは自身のザマスでライジングラッシュを炸裂させたのだった。

DIEGO 0-1 WALLACE

GAME 2

DIEGO使用パーティ・バトルメンバー

WALLACE使用パーティ・バトルメンバー

 互いに先ほどと同じ顔触れでの対決となった。

 互いに大技を繰り出さず、様子を見ながらジャブを打つ展開。反撃と反撃の応酬が何度か行われ、回避と交代がそれに続く。

 ゲームを動かしに行ったのはWALLACE。まずマイに一瞬だけ交代し、交代避けを行うと、すぐさまセルにチェンジ。そして回避読みを挟んでのライジングラッシュ!
 セルを一撃で落とすこのライジングラッシュだがしかし、見事にDIEGOは的中!

 そして今度はDIEGOのセルがライジングラッシュを仕掛け、これが命中!WALLACEのセルがライジングK.O.となり、DIEGO優勢の展開に。

DIEGO

 しかし、ゲームは再び膠着する。
 互いに決定打を出せないまま、攻撃と回避の応酬が続く。逆に言えば数的不利な状況を感じさせないほど、WALLACEは上手く立ち回っているのだ。

 緊張感の中、一秒単位で選択の連続が訪れる。一瞬でも集中力を途切れさせるわけにはいかない。両者とも、全神経をこの試合に集中させている。

 だからこそ、そんな状況ではミスも発生してしまう。
 WALLACEは必殺アーツを放つつもりが単発気弾を暴発させてしまう。この隙を本来であれば見逃すDIEGOではないのだが、WALLACEはライジングラッシュを打つことで、このミスを帳消しにしてみせた。細かい部分でもテクニックが光る。
 ミスのカバーとして使用したライジングラッシュをスラッグで受け止め、ようやく2対2の勝負となる。

 そして二人の勝負は加速する。WALLACEのマイとDIEGOのザマスでドカバキインパクトが発生!そしてなんと981対969の僅差でWALLACEが勝利!
 この勝利で気力を重ねる時間を作り、更に最速回避。着実にコンボでザマスにダメージを蓄積させていく。
 勢いに乗るWALLACEは今度こそライジングラッシュを放つが、なんとここでもDIEGOは的中!反対に攻撃を仕掛け、ザマスの必殺アーツで果敢に攻撃を仕掛ける。
 しかし、DIEGOの反撃はここまでとなる。

 体力のほとんどないセルにザマスが最後の一撃を与えると、ただ一体残ったDIEGOのザマスも、冷静にWALLACEのザマスがとどめを刺したのだった。

DIEGO 0-2 WALLACE

WALLACE Win!

DIEGO「すごく厳しい試合でした。一度戦った相手なのである程度実力はわかっていましたが、この試合でもずっと相手のほうが上でした」

 厳しい試合の中でも懸命に戦い、勝機を掴もうとするDIEGO選手に、賞賛の言葉を。

WALLACE「今の試合は状況も良かったし、気持ちよく戦えました。次の試合に勝つと、最初に負けた相手とまた戦うかもしれないので、頑張りたいです」

 打倒MASAKATSUを胸に、覚醒したWALLACEはLOSERS ROUND 4へ。

記事一覧に戻る