カバレージ

カバレージ

LOSERS ROUND 2 MATCH 1:SMG VS DARRYL

 機材トラブルにより、勝敗と各ゲームの使用パーティ、選手によるコメントのみ掲載させていただきます。

 SMG選手、DARRYL選手およびカバレージサイト閲覧いただいている皆様には心よりお詫び申し上げます。

GAME 1

SMG使用パーティ

DARRYL使用パーティ

SMG 1-0 DARRYL

GAME 2

SMG使用パーティ・バトルメンバー

DARRYL使用パーティ・バトルメンバー

SMG 1-1 DARRYL

GAME 3

SMG使用パーティ・バトルメンバー

DARRYL使用パーティ・バトルメンバー

SMG 2-1 DARRYL

SMG Win!

DARRYL「SMG選手とは友達で、今回の旅の間にも何度もバトルをしました。今回もとてもいい試合で、楽しかったです」

 友人と最高の舞台で試合をできたことを喜ぶDARRYL。空港で待っている間だろうと、タクシーの中だろうと、ラスベガスのスポットライトの下だろうと、二人にとっては全く違うことであり、どれも等しく同じことなのだろう。

SMG「実力が近くて3ゲームとも非常に接戦だったので、タイミングをうまくつかめたほうが勝ちを取った、という感じです」

DARRYL「タイミングが一番の試合のカギでした」

 タイミング。ドラゴンボール レジェンズはあらゆる要素がリアルタイムで襲い掛かってくる。いかにこのゲームの達人であろうとも、いつだってタイミングをつかむのは難しいものなのだ。

SMG「彼はステップコンボとかバニシングのタイミングが上手で、自分はそういうのはあまり得意ではないんだけど、攻撃的なスタイルで、チャンスがあればどんどん攻撃をしていくやり方で、最後は勝てました」

DARRYL「自分はそれと逆のプレイスタイルで、開幕の攻撃などを待ってから反撃するタイプ。タイミングは得意だけど、すでにSMGとは何度も対戦しているので、反撃のタイミングがもう読まれていて、通じなかった感じですね」

 互いに違うプレイスタイルで切磋琢磨しあう仲間たち。
 敗北したDARRYLの思いを背中に乗せ、SMGはLOSERS ROUND3へ向かう。

記事一覧に戻る