カバレージ

カバレージ

WINNERS TOP8 MATCH2:DIEGO VS CHICKEN319

 フランスのDIEGO、日本のCHICKEN319が、WINNERS TOP8に勝ち残り、ここでぶつかることとなった。
 二人とも初戦からフルセットの激戦を繰り広げたばかりだが、その表情は穏やかだ。この舞台への緊張もどこか薄れたようで、リラックスが見て取れる。
 
 ここで勝利した選手は、WINNERS SEMIFINALSで日本のMASAKATSUと相対することとなる。
 CHICKEN319が勝利して日本人対決となるか、はたまたアメリカのDIEGOが日本人との2連戦を行うこととなるのか。

GAME 1

DIEGO使用パーティ・バトルメンバー

CHICKEN319使用パーティ・バトルメンバー

 リジェネレーションズタイプのパーティで戦うDIEGOに対し、CHICKEN319はファミリー/ハイブリッドタイプ。高火力の出るファミリータイプが少し有利なマッチアップだが果たして。

 CHICKEN319が興味深い選出となる。まずセル対策として悟飯(RED)、そして相手から紫のキャラが出てこないことが予想できるため、悟飯(GRN)を選出。

 序盤に攻めたのはCHICKEN319。悟飯(RED)でセル、そして交代で出てきたザマスに次々とコンボを繋げていき、最速回避を駆使しながら的確にダメージを蓄積させる。

 だが悟飯(RED)が再び出たタイミングでDIEGOが仕掛ける。バニシングゲージがないことを理解し、不可避のライジングラッシュを叩き込む!が、硬い悟飯(RED)を落とすことはできず。10%ほどの体力を残してしまう。

 そしてここから、互いのキャラクターの体力を壮絶に削りあう。DIEGOはザマスを、CHICKEN319は悟飯(BLU)の体力をそれぞれ犠牲にしながら、戦闘を繰り広げていく。

 ザマスは踏ん張りもあることから全体の体力だけを見ればアドバンテージはDIEGOにある。だが悟飯(GRN)の究極アーツを、ザマスではなくスラッグで受けてしまうと、一気に体力が30%ほどに落ち込む。

 DIEGOの反撃も早かった。スラッグの射撃アーツで一瞬動きを止め、中距離まで近づくと引き寄せを行い、避けられないライジングラッシュ!

DIEGO

 だがCHICKEN319は瞬時にこれに反応。ライジングラッシュ寸前で悟飯(BLU)に交代して身代わりとする。大ダメージを肩代わりした悟飯(BLU)はこれで退場することに。

 再び悟飯(GRN)を繰り出すCHICKEN319。そしてここで技が光る。打撃アーツを出した後にキャンセルし、回避直後の相手にライジングラッシュを決める技術!見事にライジングK.O.となり、これで2対2。

 そしてこの一撃が、勝負を決めた。

 残りの体力が少ないザマスとスラッグを一瞬で仕留め、CHICKEN319がWINNERS SEMIFINALSに向けて一歩前進となった。

DIEGO 0-1 CHICKEN319

GAME 2

DIEGO使用パーティ・バトルメンバー

CHICKEN319使用パーティ・バトルメンバー

 ファミリー/ハイブリッドタイプで連勝を目論むCHICKEN319に対し、再びリジェネレーションズタイプで臨むDIEGO。高い火力を誇るファミリー/ハイブリッドタイプのCHICKEN319が有利とされるこのカード。

 このゲームで先行したのはCHICKEN319。悟飯(RED)と悟飯(BLU)で次々とコンボを決め、スラッグの体力を早々と奪いながら、ザマスにも負担を掛けていく。

 だが、先にライジングラッシュを使ったのはDIEGO。ザマスの攻撃で悟天の隙を作り、スラッグにチェンジしてそのままライジングラッシュ!体力が満タンの悟天を見事倒し、DIEGOがまずは優位に立つ。

 DIEGOの好プレイは続く。ライジングラッシュ直後に射撃アーツを撃ち込まれたところをしっかりと確認し、特殊アーツで引き寄せる。攻防一体の行動だ。
 続けてセルの究極アーツも放ち、悟飯(BLU)の体力もほとんど奪ったDIEGOが俄然優勢…かのように見えたのだが。

  ここからCHICKEN319が驚くべきスピードで反撃を繰り出していく。

CHICKEN319

  まずは悟飯(RED)でザマスに猛ラッシュをかけ、踏ん張りによって再生してもお構いなしに、攻撃に攻撃を重ねていく。見事にアーツを引き込むことで、無事にザマスを撃破。

 そして次にスラッグが来ることを読んでいたCHICKEN319はザマスを倒すと同時に悟飯(BLU)に交代し、万全の状態で待ち構える。
 射撃を放ち、その隙を突いてスラッグが距離を詰めてきたところで、狙い澄ましたライジングラッシュ!
 これによってスラッグ、K.O.!

 この攻防で、DIEGOに残されたキャラはセルのみ。そしてセルでは、悟飯(RED)を倒すことはできない。
 回避と打撃を繰り返して奮闘するセルだったが、悟飯(RED)の放つ究極アーツが、見事CHICKEN319をWINNERS SEMIFINALSへと導いたのだった。

DIEGO 0-2 CHICKEN319

CHICKEN319 Win!

DIEGO「相手はとてもやりこんでいて、強い選手だということは予想していました。自分としてはとても楽しめる試合でした」

 勝者へのリスペクトを語り、DIEGOはLOSERS ROUND2へと進む。

CHIKEN319「めっちゃ勢いが来てるんで、このまま突っ走りたいです」

 CHIKEN319、同じ日本人選手であるMASAKATSUの待つWINNERS SEMIFINALSへ。

記事一覧に戻る