カバレージ

カバレージ

WINNERS TOP16 ROUND 2 MATCH 3:SHENYAO VS SMG

 台湾のSHENYAOとアメリカのSMGが、対戦テーブルに登場した。
 参加者16人の中で数少ない、自らを防御タイプと語るプレイヤーの一人がSHENYAOだ。一方、相手のバトルスタイルに合わせながらも攻撃的にプレイするというSMG。

 果たして勝つのは、最強の矛か、最強の盾か。
 中国の楚では解決しなかった問題が、このラスベガスの地でははっきりとする。

 これはドラゴンボール レジェンズ。勝者はどちらかただ一人なのだ。

GAME 1

SHENYAO使用パーティ・バトルメンバー

SMG使用パーティ・バトルメンバー

 ファミリータイプ同士の戦いとなった最初のゲーム。選出メンバーも互いに全く同じと、完全なミラーマッチだ。
 
 戦いを一気に有利に進めたのはSHENYAO。自らを防御的だと語っている通り、決して無理な攻めは行わずに攻撃を確実に当てていく。
 連続で攻撃を繰り出すのを我慢して単発で止め、反撃を避けながら、コンボを次々と繋げる。
 打撃アーツでコンボを繋ぎ、SMGが悟空にチェンジしたところで、ライジングラッシュを使用することなく打撃のみでK.O.。ライジングラッシュを温存したまま数的優位を確保した。

 が、この直後、SMGが見事な攻めを見せる。
 究極アーツをSHENYAOが放つその刹那、先にライジングラッシュを繰り出したのだ。究極アーツの発動を見てしまった後ではライジングラッシュがかき消されてしまうため、ライジングラッシュを叩き込むチャンスは一瞬しかない。そこをSMGは逃さなかった。

SMG

 SMGの怒涛の攻めは続く。SHENYAOの悟空に狙いを定めると、打撃アーツのコンボから究極アーツ。一瞬で形勢逆転で、SHENYAOは残すは悟天だけに。

 だが、ここから逆転の芽が残されているのがファミリータイプ。超火力になったSHENYAOの悟天が、SMGの悟飯の体力を削っていく。流れるような攻撃を、究極アーツで締めくくる。
 この攻撃でSMGの悟飯の体力は――僅かに残る!いや、残してしまった。SHENYAOにとってこれはあまりにも痛かった。

 究極アーツを使ったSHENYAOの悟天を、SMGの悟飯と悟天が次々と攻めていき、最後は通常打撃がSHENYAOの再逆転の芽を摘み取ったのだった。

SHENYAO 0-1 SMG

GAME 2

SHENYAO使用パーティ・バトルメンバー

SMG使用パーティ・バトルメンバー

 見事にGAME 1を逆転勝利で締めくくったSMGは、今回もファミリータイプで臨む。後のないSHENYAOはフューチャー/リジェネレーションズタイプで巻き返しを図る。

 ゲームを動かしたのはSHENYAO。悟天の前にあえて属性不利のマイを対峙させる。当然交代してこないところを見て、マイでフラッシュバンを放った上で、セルの必殺を放つ。一気に悟天の体力は30%ほどまで落ち込む。
 そして削った体力も、しっかりとセルの必殺アーツで仕留める。

 直後、SMGが魅せる。射撃アーツをキャンセルしてライジングラッシュを放つ高等プレイ!ライジングラッシュこそ避けられてしまうものの、界王拳下の圧倒的火力で一気にスラッグの体力をミリ単位まで落とし込む。

SHENYAO

 だがしかし、このゲームの主導権を掴んで離さなかったのはSHENYAO。回避とキャラチェンジ回避を駆使し、更に回避読みで悟空の体力を削っていき、そのままマイでフィニッシュ。素晴らしい高等プレイを見せつける。

 3対1、圧倒的な優位を作り上げる。

 一人SMGの元に残った悟飯は持ち前の超火力でセルの体力を一瞬で減らしにかかるがしかし。
 界王拳を耐えていたスラッグがここで再び活きる。ライジングラッシュを見事に悟飯に決めると、勝負の行方は最終ゲームに委ねられることとなるのだった。

SHENYAO 1-1 SMG

GAME 3

SHENYAO使用パーティ・バトルメンバー

SMG使用パーティ・バトルメンバー

 SHENYAOのフューチャー/リジェネレーションズタイプとSMGのファミリータイプが激突する最終戦。先ほどのゲームではSHENYAOが見事に3キャラを残して勝利を決めたが、果たして。

 両者の顔触れもGAME 2と似た構成となり、そして先に数で優位を獲得したのもまた、SHENYAOだった。

 開幕に魅せたのはSHENYAO。悟空の射撃を読み切って特殊アーツでかぶせて、ゲームの主導権を握る。
 その勢いのままザマスに交代。当初こそザマスは孫たちの攻撃を次々と受けるものの、間隙を突いて一気に距離を詰めると、コンボを重ねて悟空に襲い掛かる。なんとそのままあっという間にK.O.!電光石火の一撃でSHENYAOがWINNERS TOP8に大きく近づく。

 更に攻めるSHENYAOはマイでフラッシュバンを放ち、瞬く間にセルへチェンジ。そのまま究極アーツで一気に悟天の体力を残りわずかまで削り取る。
 そしてここで悟天は気絶!
 この機を見逃すわけもなく、SMGは残すところ悟飯一人に。
 
 絶体絶命のピンチだが、SMGの目はまだ死んでいなかった。それどころか、闘志で燃え盛っていた。


 
 先に攻撃を仕掛けたのはSHENYAOのザマス。ライジングラッシュが成功すれば即座に勝利という場面。だが見事にSMGは的中させ、即死を回避。 
 反対に凄まじい火力を誇る悟飯の反撃を食らい、ザマスの体力は一気に削り取られてしまう。
 たまらずマイに交代するがしかし、射撃アーツを読み切っていたSMGは究極アーツで応戦する!これにより回避ができず、マイが戦闘不能に。

 勢いに乗るSMGは怒涛の攻めでザマスを脅かす。負けじとSHENYAOも射撃アーツを4連打して残り少ない悟飯の体力を削りきろうとするのだが、最後の最後でコンボミス!
 この隙を突かれ、悟飯の攻撃にザマスはあえなく倒れてしまい、これで勝負は1対1!

 そしてその時は訪れた。
 悟飯の打撃アーツと射撃アーツのコンボでセルの体力は一瞬で悟飯を下回る。手数では悟飯と同じぐらいには攻撃を当てているSHENYAOだが、それでもまだダメージが追い付かない。
 セルの打撃アーツを避け、悟飯は最後の一撃を放ち、SMGがこの大舞台で見事、大逆転勝利を決めた。

SHENYAO 1-2 SMG

SMG Win!

SMG「3ゲームとも実力が近くてタフな試合だったけれど、最後は運が少しだけよくて勝てたのでうれしい」

SHENYAO「運が悪かったね」

 勝負において重要なのは、確かな実力と、絶え間ない努力、そして運だ。
 達人同士の戦いではわずかな運で、勝負が決まる。まさしくそれを体現したような、見事な試合だった。

記事一覧に戻る